スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

”異端”の研究者たち ~京大原子炉実験所~ なぜ警告を続けるのか

なぜ警告を続けるのか~京大原子炉実験所・”異端”の研究者たち~
スポンサーサイト

化学者が「福島原発の汚染水を浄化できる粉末を開発」

ウォールストリートジャーナル 日本版-The Wall Street Journal
2011/4/22 8:12

化学者が「福島原発の汚染水を浄化できる粉末を開発」

仏原子力大手アレバが福島第1原子力発電所の放射性物質を含む汚染水の処理システムを提供することになり、これまで復旧作業の妨げとなっていた問題の解消が見込まれる。しかし、ある日本の化学者は、汚染水の除染が可能とされる粉末を1カ月足らずで開発したと発表。この粉末を使った場合、アレバのシステムより 20倍早く除染できる可能性があり、そうなれば、最終的な目標である原子炉の安定的冷温停止に向けた作業が大幅に加速する。


この粉末を開発したのは金沢大学の太田富久教授。同教授によると、天然の鉱物と化学物質を混合した白い粉末は、汚染水に溶けた放射性物質を捕まえて沈殿させるという。1000トンの汚染水の場合では1時間で処理できる。一方、アレバの処理システムによる放射性物質の除去は1時間当たり50トンの汚染水。

太田教授は20日のインタビューで、沈殿のスピードが全く違うので、非常に早い処理ができる方法だと語った。この技術は汚染処理を専門とするクマケン工業(秋田県)と共同で開発されたものだ。同社は2008年以来、太田教授の開発した粉末を利用している。

太田教授は1週間ほど前、この放射性物質除去粉末の開発を完了した際、東電と政府に連絡し、現在も協議が続いているという。この件に関して東電と政府のいずれからもコメントは得られなかった。

同教授はアレバのシステムとの差について、化学構造の違いを理由に挙げているが、アレバによる処理について詳細を得ていないことから、それ以上の推測はできないとしている。同教授の技術は実験段階では実証済みであるが、実際に工業応用として利用されたことはない。

太田教授の技術では、汚染水中の放射性物質は粉末に吸着された後に沈殿していく。そして濁った部分の放射性物質は水と分離し、容器の底に堆積する。分離した上澄み水は透明だ。実験では、放射性ではないセシウムを1~10ppmの濃度で溶かした水100ミリリットルに粉末を1.5グラムを入れた。(福島第1原発での放射性物質の濃度は約10ppm。太田教授の開発した粉末は100ppmの濃度まで処理可能だという。)同教授によると、この浄化処理は 10分で完了した。さらに数千トンの水を同時に処理する場合でも10分を大幅に超えることはないということだ。

太田教授は、放射物質をほぼ100%除去できると見ている。

太田教授の考えでは、アレバが採用したような汚染水処理施設が数カ所建設され次第、今回開発された粉末はすぐにでも福島原発での汚染水処理に利用できる可能性がある。実験では放射性物質が使われなかったが、化学的な性質は同じなので、実際に放射性物質の除去に使われた場合でも同じ結果が出ると、同教授は胸を張る。

この粉末の開発期間は1カ月足らずと非常早かった。ベースとなったのは、通常は工場付近で見つかる産業汚染物や金属汚染物の混じった汚染水を除染するために開発された類似粉末だ。太田教授はこの凝集剤の考案を6年前に始めた。マグネシウム、鉄、コバルトなどの重金属向けであったため、その化学成分は、放射性同位体のヨウ素、セシウム、ストロンチウム、プルトニウムにも応用できた。そして、同教授はこの凝集剤を微調整して今回発表した粉末を開発した。同教授は特許を理由に、正確な配合について開示しなかったが、原料は簡単に手に入リ、また供給量も豊富であると述べた。

太田教授はこれまで天然物質と環境汚染を専門に取り組んできたため、開発した製品が原発汚染で活用できるとは思っていなかったと語った。
記者: Yoree Koh

アミ小さな宇宙人

アミ小さな宇宙人P207

"すべて、愛に基づいていないものは、
 こわされて.....
 時とともに、忘れ去られ
 捨てられていく.....”


----------------------

アミ小さな宇宙人という本があります。
ずっと子供向けの絵本だと思っていましたが
ふとしたきっかけで購入し、頁が進むにつれて
今まで漠然と思っていたことが、繋がっていくようで
気がつくと夢中になって読んでいました。
随所に示唆に富んだエッセンスが散りばめられていたのです

この物語は、
沢山の人々に親しみを持ってもらえる言葉で書かれた
現代版の聖書かもしれませんね。

高度経済成長時代のような
目に見えるもの、物質、金銭、地位、学歴、
を"個”のために
がむしゃらに追い求める時代は行き詰まりました。

それらをどんなに手に入れたとしても
人の心は、決して満たされぬことに
多くの人々が気がつき始めています。

社会・価値観の転換期です。

そして、地球規模の異常気象、地殻変動...
こんな時代だからこそ、
この本から
多くの方々がヒントを得られることを願っています。

少々、引用いたします。
----------------------

アミ小さな宇宙人P201

「神は、

 "おぼれかかっている世界”

 に対してまったく役立たずの無関心で、

 ただただ妄想的な"自己救済”や、

 個人の"かんぺきさ”や

 "進歩”だけにのみ関心のある

 信心顔をしたひとよりも、

 信仰者でなくでも、

 兄弟に対していつも心をさいているひとのほうを好むんだよ」


----------------------
もどってきたアミP227より

「どうして、こんなに暗いの?」

「何千もの核爆弾が破裂したところなんだ。
 すぐに放射能の雨がふりはじめるよ。
 このあと惑星は人々が生きのびるには不可能なほど冷却するんだ。」

 ある円盤が山の上を通過した。
 下から一団のグループが合図を送っているが、
 その円盤は見むきもせずに通過していった。

「どうして、たすけてあげないの?」

「彼らは充分な水準に達していないんだよ。」
 
(略)

「いやこのばあい、その必要はない。
 このグループのひとたちは
 文明の危機に背をむけてきたんだ。

 みんなで協力して直面している問題を解決するかわりに、
 そこからにげ出すことを選んだんだ。

 ただ、“自分たちだけ”のいのちの救済を求めたひとたちは、
 いま、そのいのちをうしなう.....

 別の人生の別のチャンスを待たなければならない.....」

 映像はアミの解説とともに数々の無残なシーンをうつし出していった。


----------------------

ブログはじめました。

にこにこ鳥さんってどんな人かな?
Q:で、どんな人?
A:多分、不思議ちゃんかなぁ。。
Q:血液型は?
A:F 型
Q:宇宙人っている?
A:そりゃいるよお。
Q:神様っている?
A:宇宙意識体のようなかんじ
 だから、そこら中に存在しているよ
Q:最後に何か
A:全きひとつ…すべては

プロフィール

Author:にこにこ鳥
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。